おなかの脂肪を燃やす為に、腹筋痩身を試みたものの痩身に失敗してしまった談話

ボクは、身長153cmで心持ち小柄な思考だ。

ウエイトは40kg前後だ。

見た目は細身に見えるのですが

本当は隠れ肥満というほど

腹に付く脂肪が凄いのです。

友だちや周りの人からは

「現実、狭いよねー。」という羨ましがられますが

見えない腹部分は段腹なのです。

ブリーフに腹の肉が乗っかっている時もあります。

乗り物や二の腕、顔つきなど見える部分には

脂肪がつきにくいのかは分かりませんが

概ね肥える軽々細いとおりだ。

一部始終腹に脂肪が行き渡っているのではないか?

というほど、腹中枢が厚くなります。

もちろん、解雇レなんてありません。

妻には「腹凄ーい」といった

つままれて笑われたりもします。

普段は、ゆるめなTシャツや腹が出ないようなドレスを着ていますが

でも、腹ポイントが出ていないかな?という気になってチェックしてしまう。

身だしなみ面でも腹がチラッと思えるドレスは

婀娜ですし

コーディネートによってはカッコ良くも言えるので

「そういったウェアを着たい!」としてある。

そこで思い付いたのが毎日の腹筋だ。

過度な運動やストレッチングの痩身は

無理強い途切れるという事を聞いていたので

だめをせず、ちょっとづつしていく事を決めました。

毎日まぶたは30回からはじまり、慣れてきたら50回と

腹筋の回数を次第に増やしていこうという所見で挑みました。

但し元々、運動が嫌いなボクは最初ウィークで毎日の腹筋生活が終わりました。

痩身成功し解雇レがある腹を夢見ていたのですが

だめをしなくても嫌いな事での痩身は途切れるという実感しました。

意気込みはあったものの

痩身は黒星に終わりました。合宿免許の実態の漫画

トラックバック・ピンバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL